【NEW】あの釣りビジョンがスマホで見放題!

ジギング初心者向け|最初の1本はスピニングタックルを選んだほうが良い理由

3 min 14 views
ジギングスピニングタックル
ジギング侍

ジギング侍

FOLLOW

オフショアフィッシングの醍醐味と言えば、ジグを使用したビッグゲームですよね。

ジギングでは、5~6kgの「ブリ」「ヒラマサ」「カンパチ」といった大型青物がメインターゲットとなり、運が良ければ10~20kgの大物でも仕留めることができます。

ジギング見習い

ジギング見習い

拙者もあんなデカい魚が釣りたい!

ジギングでは、スピニングタックルを使用することが多くなります。

特にジギング初心者には、スピニングロッドとリールを使用したタックルをおすすめします。

スピニングロッドの特徴

スピニングロッドは、ジギングでは基本となるロッドです。

巻き上げの際の加速に優れているため、ジグの大きなスライドアクションを演出することが可能です。

スピニングロッドのメリット

ジギングのターゲットは、「ブリ」「ヒラマサ」「カンパチ」といった大型青物です。

基本的には、スピニングロッドがオススメ。

その理由は以下の2点です。

  • ジグが飛ばしやすい
  • ドテラ流しに対応
ジギング侍

ジギング侍

では、ひとつずつ解説していくぞ。

ジグが飛ばしやすい

青物狙いのジギングでは、ロングでシャープなジグを使用します。

大切なのは、ジグを大きくスライドさせること。

大型青物はジグのスライドアクションに弱く、活性の良い日にはリアクションバイトも狙えるんですね。

つまり

  • ハンドル1回転あたりの糸巻き量の多いリール
  • 硬くて反発力の大きなロッド

が圧倒的に有利となります。

スピニングロッドは、ベイトロッドに比べ反発力に優れ、しなやかに設計されています。

また、スピニングロッドは強靭なバッドを備えているので、青物の強烈な引きにも耐えることもできます。

ジギングで青物1本勝負!

なんて日には、スピニングロッド1本で通す日もあるくらいです。

ドテラ流しに対応

ドテラ流しとは、船のエンジンを止めて、風と潮の流れで船を横に流す釣りのこと。

通称「横流し」とも呼ばれ、ジグを投入した後はラインがどんどん横に出ていきます。

ジグを動かすためには

  • より反発力の強いロッド
  • ライン巻き取り量が多いリール

が必要となります。

つまり、スピニングタックルが圧倒的有利な状況になるわけですね。

特に、春~夏にかけてのヒラマサ狙いのジギングでは、基本的にドテラ流しで広範囲を狙っていきます。

頑丈で高反発に優れたスピニングロッドを準備していきましょう。

スピニングロッドのデメリット

スピニングロッドは、ジグを飛ばすことに特化しているため、フォール主体のジギングに難があります。

つまり、スローピッチでのジギングが苦手なんです。

スロージギングは、基本的にリーリングの力でジグを操作します。

スピニングロッドは硬すぎるため、アングラーの力でロッドをしゃくる必要があるんですね。

ジグが飛びすぎてしまい、ジグを一定のリズムでフォールさせることができないのが弱点となります。

  • 魚の活性が低い
  • 根魚や底物狙い
  • ジグのフォールで食わせたい

というような場面では、スピニングロッドでのジギングはおすすめできません。

スピニングリールの特徴

スピニングリールは、スピニングタックルの基本となるリールです。

メリットとデメリットがあるので確認していきましょう。

スピニングリールのメリット

  • キャストができる
  • ハンドル1回転当たりのライン巻取り量が多い

スピニングリールの利点は上記の2点。

スピニングリールにできて、ベイトリールにできないことをまとめてみました。

キャストができる

春~夏にかけてのヒラマサ狙いのジギングでは、ドテラ流しという方法で浅場を攻めていきます。

船を潮と風の力だけで流していく方法で、ジグの横引きがメインとなるんですね。

ジグをアンダーでキャストしていき、広範囲を攻めるのが釣果のポイントとなります。

船からのアンダーキャストの場合、ベイトリールではほぼ不可能と言えるでしょう。

ベイトリールでのアンダーキャストは、ラインがバックラッシュしていまいます。

ドテラ流しでのジギングでは、スピニングリールが必須となります。

ハンドル1回転あたりのライン巻き取り量が多い

ジギングでは、「ハンドル1回転あたりのライン巻き取り量」も大切になります。

青物は、素早く動くジグが大好き。

ジグの大きなスライドアクションが、魚のバイトを誘発します。

ジグの大きなスライドアクションを演出するには、ラインの巻き取り量が命となるんですね。

スピニングリールは、ベイトリールと比べてスプールが沖いのが特徴。

スプール1回転のライン巻き取り量も自然と多くなります。

青物狙いのジギングであれば、積極的にスピニングリールを使用していきましょう!

スピニングリールのデメリット

リールの構造上、スピニングリールは巻き上げトルクが不安となります。

リーリングの際に、下から上にハンドルを持ち上げることでパワーが得られます。(ベイトリールは上から下にハンドルを押し込みます)

自然と重力に逆らう形ですので、リーリングでの魚の引き上げには向いていません。

ロッドのバッドで魚の引きを受け止め、ポンピングを使用して巻き上げていくのが定石となります。

スピニングタックルはジギング初心者におすすめ

ジギング入門者の方は、スピニングタックルから始めましょう。

スピニングロッドであれば、基本的にはワンピッチ・ワンジャークで魚がヒットしてきます。

余計なことを考える必要もないので、ジギング初心者には特にオススメできるタックルです。

ジギング初心者におすすめのスピニングロッド

ジギングのメインターゲットは青物となります。

青物の強烈な引きに初めは戸惑うでしょう。

そこで大切なのはバッドで抑え込む力。

青物の引きをロッドの強靭なバッドで受け止め、ポンピングで巻き上げることができます。

オシアジガーインフィニティ モーティブ 610-4

オシアジガーナチュラルジャーク S641

ソルティガ J61LS

ジャイアントキリング GXJ-S63MH(スピニングモデル)

ギャラハド 595S(スピニングモデル)

ジギング初心者におすすめのスピニングリール

青物狙いのジギングでは

  • 圧倒的な巻き上げ力
  • ハンドル1回転当たりの糸巻き量

が大切。

大きさは6000~8000番台がオススメ。

スリルを味わいたい人は5000~6000番台で勝負してみましょう。

値段にとらわれず、良質なジギングリールを選んでみてください。

ステラSW6000HG

ツインパワーSW8000HG

ソルティガ8000-H

クロシオ43HGX

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です